おひさしぶりです!!

あきーっ!  秋!!

インフルエンザが子供達のあいだ(特に乳幼児)に流行っているようで とても心配に思います。

うちの5年生になる息子は 1度酷い肺炎にやられて大変な目に遭いました。

子供を育てる上では そういう事態も子供がいる家庭では 経験しますよね!

万が一でも入院しようものなら 家庭のバランスを保つのも大変になります。


これから秋が進むにつれ 美味しい野菜や 魚 もちろん牛も スクスクと美味しく育つ時期!

子供の好き嫌いを克服する機会を作って 病気に負けない体作りを!!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・






・・・・・・・・・・・



僕も らっきょ  を 克服しますね 笑





秋・・・・・・・・・・・・・・


それは・・・・

音楽&芸術&映像の秋!!




岡本太郎記念館



TVで見た! 是非行きたいです!!


ハブと拳骨

DVDGET済! 忘れかけた香ばしさのある 男の純粋なかっこいい映画だと思います!


『LINE』 IN <トリノ国際映画祭>


地元の後輩 小谷 忠典君  ・・・・・・

どこまで行ってしまえるのか?  リアルという言葉よりも真実が似合う作品になっていると思います。

僕は彼の 匂いが 伝わる人柄が大好きだし 気になりますね! 是非応援してあげてください!


MIXIから抜粋

3年振りに映画を作っています。

道具は小さなビデオカメラだけ。人員は僕ひとりだけ。
始めての台本のない映画です。
いわゆるドキュメンタリーとは少し違う気がします。
強いて言うなら私映像。

「29才。なんだか、これまでを見直したい」
柄にもなく旅に出ようと思いました。

選んだ場所は沖縄。なぜ、沖縄なのか。
寒いのが苦手だから。海が好きだから。
アメリカは好きだけど、戦争は嫌いだから。
よくよく考えてみると、沖縄は僕の育ちに静かな影を落していました。

1977年、僕は大阪に生まれ、大阪市大正区で育ちました。

大正区は人口の3割が沖縄出身者が定住していると言われています。
沖縄の第2の故郷とも言われています。
それは、戦前も、戦後も、米軍施政下も、復帰後も、
沖縄の経済窮乏が原因で、多くの出稼ぎ労働者が、
海を渡り、港湾地帯である大正区に移り住んだからです。
その長い年月を重ねる事で培われた独自の沖縄文化や生活習慣が
大正区には根づいています。

けれど、僕は、僕の知る限りの沖縄を憎んでいました。

「嗚呼、また、キライから始めるのか」と思いましたが、
自分の気持ちです。諦めて自分の気持ちに付き合うことにしました。
そうと決まれば、出発進行。小さなビデオカメラを持って、苦手な
飛行機で沖縄に向かいました。

散々、歩き回った結果、コンプレックスと偏見に満ちた僕が
もっとも、引き寄せられたのはコザ吉原という赤線の町でした。

バスを待つかのように立ち並ぶ、身体を売る女達に、僕は何百人と
声を掛け始めました。
その中で、得体の知れない僕に、撮られる事を拒まなかった女の裸体を、
15分、5000円で撮影する。
なぜ、駆り立てられるように、彼女らを見つめたいと思ったのか、
その時は、分かりませんでした。

日夜の「吉原通い」で遊女の肉体や表情をファインダーから
見つめると、不思議と曖昧だった思春期の記憶が徐々に、心中で
浮び上がるのを感じました。

ノックアウト強盗に殺されかけた後、父が通い詰めた一件のスナック。
泥酔した父を迎えに行く為、夜な夜な僕が通い詰めた一件のスナック。

島の唄が流れる店内に並ぶ、緋色のオキナワグラス。
父が溺れた、島の血が流れる、店のママの微笑。
カウンターでうなだれた父のスラックスに滲んでいる、小便のシミ。
親の顔を捨て、女の顔で哀しみを露にする母の姿。

僕にとっての沖縄は、大正区にたたずむ、一件のスナックでしか
なかったのです。

20年前、強盗に襲われた父は、3日間、ひっそりとした路地裏で
意識を失っていたそうです。
命を取り留めたのは、イビキでした。
大きなイビキを聞きつけた近隣の住民が、警察に通報。
けれど、身ぐるみをはがされ、所在が不明な父を、入院させる病院は
ありません。
たらい回しにされた父は、辛うじて、家ではなく、職場の電話番号を
呟いたそうです。

二人の同僚に担がれた父が、一度、家に戻ってきました。
無惨な暴力により、黒々と死体のように生気を失った父の身体が
床に横たわっていました。
その時、薄らと目を開けた父が、小学生の僕に「腹が減った」と
囁きました。
安心した僕は、無心で何か台所にあった果物を切って、空きっ腹の、
父の口に運びました。
それは、父と交わした親密な時間でした。
その後、半年程、入院した父は、断片的な記憶を失いました。

撮影された映像には、遊女の生、僕の傷心、父の闇が混交と
納められていました。

大阪に戻った僕は、税関職員だった二十代の父の写真を手に取り
眺めました。そして、今も父が通う一件のスナックに足を運びました。

事件を境に仕事を失い、仲間を失い、信頼を失い、アルコール依存症に
なってしまった父と数年振りに対話しました。

「家族から逃げた思春期の自分が、今でも、人と深く関わろうとした
時に、また、出てくるねん。恐くて何もできへんようになるねん」
「そうか、でもな、タダスケの世界とワタシの世界は違う」
繰り返される会話は平行線。

次の日、那覇空港で土産に買った青いパパイヤを台所で料理しました。
脆くなっていた親密な時間を、復元してみようと思ったからです。

父は静かにパパイヤを食べました。
僕も静かにパパイヤを食べました。

復元したからと言って、これまでが変わる訳ではありません。
これからの手がかりになればと復元したのです。

・・・・・






と・・いうわけです!

【LINE】試写会のお知らせ
日時:10月27日(火)20時上映開始
場所:下北沢トリウッド
http://homepage1.nifty.com/tollywood/
料金:無料
席に限りがある為、お手数ですがご来場頂ける方は事前に会場にご連絡を!




東の方 よろしくお願いします!!



YOUTUBEでは・・・・・






完全にオーケンのしたいがまま!! 最高!!・・・この会場は100%のファン!!かっこいー!






MIGHTY JAM ROCK presents 「DANCEHALL ROCK 2K9 TOUR」 DVD !!!!!!!!

やばい!やばすぎ!!  

MJRの現場の空気・・・!!

DVDで伝わる!

しかも・・・

伝わるヴァイブス半端ない!!

秋は最高の音楽と

旬の食べ物で

インフルエンザに負けないパワーを


野菜は お家で!!! お肉は  たつみで!!!  笑

焼き野菜&ちしゃ菜 よろしく!!

WWW
[PR]

by yakinikutatsumi | 2009-10-14 00:07 | 日々。  

<< 長期休暇っ!・・・の巻き 無事に終了! ・・・の巻き >>