本格的に・・・寒っ

朝晩の冷え込みで体調崩してらっしゃる方もちらほら・・・・

自分だけは大丈夫! なんて過信しないで下さい!過信より用心が大事です!

体を暖めることは免疫力を上げることにも繋がりますっ。

今流行の生姜 定番のにんにく いずれも我が家の秘伝のたれには しっかり調合されております!

何気に色んな材料が入ってる焼肉タレは 焼肉以外にもカレーの隠し味や キムチ鍋のコク チャーハン

色々使えますっ!

残念ながら販売は致しておりませんが 焼肉をお持ち帰りしていただけるお客様に限って 量は限られますが

無料でお付けしてます!

「通販で買えるのか?」 とのお問い合わせも頂きますが 今のところありません。。。。

一時は 店頭販売も考えましたが 保存料を使っておらず 食通の先輩(お鮨の本も執筆してらっしゃる かなりの美食家) と 味の変わる時期を研究してやはり 踏みとどまりました。

しかしいずれは 味も安全性も追求して いい方法見つかれば 販売して行こうかなとも考えています!

我が家のタレは濃い目のたれで 色々な地方 様々な国籍の方に 試していただきましたが

1番に言われるのが 「白ご飯に合う」

ですね!

実際に家ではこんなにご飯食べないよ!とか 子供さんの食欲がたつみでは違う など

やっぱり 先代の父親のタレは偉大なんだなと 感心させられます。

細かく言えば 10パターンぐらいのタレのレシピがあるのですが 今は僕が小学生の時にならった

いわゆる 元祖 のレシピです。

味に敏感なうちの古くからの常連さんには 「親父よりタレがいい」 と 身に余るほめ言葉を頂きますが

なんの 原点に帰って 僕が小さい頃から親父と作ってた味になっただけ笑

よく 小学生の僕が作ったタレを そのままお客さんに出して「親父のタレは旨い」と食べてはる お客さんをよそに

二人で目くばせして 笑顔になったものです。

季節 味噌の出来具合 色んな要素で1年通して味の変わる タレなんですが(季節で多少分量を変えてい

ます) 親父は 「お袋の味がなぜ飽きないのか? 職人の焼き物や作品は何故味があるのか 論」

を 引き合いに出して 酒を飲みながら話してくれました。

世の中では 品質安定の為に薬を入れたり 色鮮やかにするため着色したり 某ファストフードのポテトは

何日たってもカビが生えなかったり ・・・・・・

どこで食べても味はいつものお味で安心!

ほんとに安心していいのでしょうか??

食べやすいお味!やわらかい! それって美味しい表現??

今国策で 霜降り牛肉ではなく国民の健康のために赤身の肉を作れなどと お達しが農家さんに来てると

か いないとか

国産の安全な美味しいお米を作ってる一生懸命な農家さんを ただ単に お金のばら撒きで助けてる

つもりの国だとか

もう・・・どうなってんの???

日本の農業は世界トップのものを作る。それを国は諸外国の意見を聞き それを捻じ曲げ大切にしない。


原点を大切にするってこと。守り残していくって事は大変だけど 何より豊かな気持ちをもてるのにな・・・・

大正区の小さなお店のちょっとした主張でした。。。

 
[PR]

by yakinikutatsumi | 2010-11-20 14:39 | もろもろお知らせ  

<< 親父の努力をいずれは・・・ 今夜がYAMADA・・・の巻 >>